DEOWカナダ留学センター

カナダ留学

DEOWのメリット 留学をお考えの方へ カウンセリング予約 無料見積もり 就職支援サービス

カナダ留学をお考えの方に、あなたにぴったりの留学を格安にてご提供いたします。

専属のカウンセラーがご質問にお答えします
フリーダイヤル0120-4192-09(ヨイクニオーク)
ホームに戻る
カナダの基礎知識
| カナダの概要 | 生活情報 | 住まい | お金について | 食べ物について | 
| 学生ビザについて  | ワーキングホリデービザについて |
 エチケットについて
□ 喫煙(公共の建物内全て禁煙となっていますが、一部レストランやバーでは喫煙可の場所もあります)

□ 飲酒(年齢制限−BC州の場合19歳以上:公共の場での飲酒は禁止)

□日本人は年齢よりも若く見られる傾向がある為、タバコやお酒を購入する際は写真付の身分証明証の提示を求められる場合が多い。
 チップの習慣
日本には無い習慣の一つがこのチップの習慣です。チップを支払う場所としてはホテルやレストラン、タクシー等が挙げられます。レストラン等でカード支払の場合は、明細書にチップの金額を記入して、代金との合計金額を書き込みます。現金払いの場合、代金を支払った後にチップをテーブルの上に置くか、直接ウェイトレス又はウェイターに手渡します。

目安としては以下になります。
ホテル宿泊時のベッドメーキング 人数×1ドル×泊
空港やホテルでのポーターサービス 1ドル〜
タクシー 合計額の10%-15%
レストラン 合計額の10%-15%
ガイドツアー 添乗員とバスドライバーに。
金額は提示されることが多い。
美容院 合計額の10%-15%
ファーストフード店 不要
 時差
カナダ国内で6つの時間帯があります。毎年4月と10月に時間が変更されます。変更される日はその年によって異なります。
都市名 標準時間 夏時間
ハリファックス -13時間 -12時間
トロント、オタワ、
モントリオール、ケベック
-14時間 -13時間

ウィニペグ

-15時間 -14時間
バンフ、ジャスパー、
カルガリー
-16時間 -15時間
バンクーバー、ビクトリア -17時間 -16時間
 電圧
110V・周波数60Hz(日本は100V)なので日本の電器製品を使う際は変電器を使用した方がいいでしょう。ただしプラグの差し込みは日本と同じなので、シェーバーやヘアドライヤーの短時間使用なら日本製でも使用できます。
プラグタイプ
 税金
商品購入時や支払いの際、 消費税(GST)と州税(PST)が 課税される。(購入する商品にもよる)

消費税(GST)はカナダ国内一律・・・5%

州税(PST)は州によって異なります。
オンタリオ州         ・・・8%
ブリティッシュコロンビア州・・・7%
アルバータ州        ・・・なし
ケベック州         ・・・7.5%
 電話
公衆電話はコイン、クレジットカード、コーリングカード使用のものがある。コインは25¢、10¢、5¢の3種類。(1-800)で始まるトールフリー(フリーダイヤル)の番号には、コインを入れず直接ダイヤルできる。公衆電話は、空港、バスディーポや駅、ホテルのロビーなど、公共の場にはだいたい設置されている(クレジットカード式電話はホテルや空港など限られた場所にしかない)。
[日本へかける場合]
011(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+相手の電話番号(市外局番の最初の0は取る)

[日本からかける場合]
(※識別番号+)010+相手国番号(カナダは1)+相手国内番号
※「マイライン」「マイラインプラス」に登録していない場合や携帯電話・PHSや、公衆電話から国際電話を利用する場合には、010の前に、次のような利用する電話会社の識別番号が必要になる。

[電話会社の識別番号]
NTTコミュニケーションズ=0033、エムシーアイ・ジャパン=0071、KDDI=001、ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC=0061、ドイツテレコム=0080、日本テレコム=0041、東京電話=0082、フュージョン・コミュニケーションズ=0038、ぷらら=009191、平成電電=0083、メディア=0060
 郵便
カナダのポストは赤い箱型。公共の郵便局(Post Office)のほかに、コンビニなどでも切手や小包を扱っている。日本への所要日数は航空便で5日〜1週間、船便で約1カ月。郵便局ではクッションの入った大型封筒やカートンボックスなども売っている。
□郵便料金
日本宛の航空便はハガキ、アエログラム、封書(〜30g)が$1.75。カナダ国内は46¢(〜30g)
 病気になったら
[薬で対応]
薬は医師の処方箋を持ってドラッグストアの薬局で調合してもらうシステム。処方箋なしで買える風邪薬や頭痛薬、解熱剤などもありますが、基本的な常備薬は持参するように心がけましょう。

[病院で対応]
カナダでは緊急の場合を除いて、まず家庭医(ファミリードクター)に診察してもらうシステムです。旅行者の場合はホテルや知人に紹介してもらい予約の上、診てもらうことになります。海外旅行保険に入っていればアシスタント・サービスやサービスセンターで病院(大都市なら日本人の指定医も)を紹介してくれます。また、保険に入っている人は、治療後、医師に診断書を書いてもらうことを忘れずに。
 盗難・紛失の対応
[パスポートの盗難・紛失]
パスポートを盗難・紛失した時は、すぐに在外公館(日本大使館、領事館)へ行き、再発行の手続きをとって下さい。大使館はオタワに、総領事館はその他の大都市にあります。再申請に必要なものは、1) 写真、2) パスポート紛失証明書(現地の警察などに発行してもらう)、3 )パスポートNo.と発行年月日。再発行には約2週間かかります。
費用は印紙代と、急ぐ場合電信料が必要です。写真は出発前に予備を用意、必要事項は必ずメモ(あるいはコピー)しておきましょう。

[トラベラーズ・チェック]
再発行の手続きは、発行した銀行のカナダ各都市の支店に行くのがいちばん早いです。必要な書類は1 )紛失証明書(近くの警察で発行してもらう)、2) T/C発行証明書(購入時にくれる「T/C購入者用控え」)、3) 未使用T/Cのナンバー。2)の控えはT/Cとは別にしまっておくか、コピーをとっておくといいでしょう。再発行は当然ながら未使用の分だけだから3)が必要となります。もちろん、この申告は正直に!

[クレジットカード]
悪用されるのを防ぐため、まずカード発行会社に連絡してカードの無効手続きをとります。すぐに再発行してもらいたい場合はその手続きも行います。必要なものは、カード番号と有効期限、パスポートなどの身分証明書。再発行にかかる日数は会社によりますが、せいぜい2〜3日程度。紛失や盗難の届けを出しておけば、悪用された場合の被害も保険でカバーされるので、カードのデータと国際カードの緊急時連絡先は控えておきましょう。
 インターネット
インターネット環境はホストにより異なります。ホストが使っているケーブルインターネット又はADSL等が使える場合があります。この場合さらに、自分のノートPCにつなげてくれる場合とホストのPCのみでネットが出来る場合などに分かれます。こうした場合通常ネットに関しお金を払う必要はありません。ただしこれは「滞在費に含まれている」では無く「ホストの善意で使わせてもらう」物ですから、あまり期待し過ぎてはいけません。もしホストがネットを使っていなければ自腹でダイヤルアップの契約等をする必要が出てきます。
 交通
[バス]
カナダを横断する全長5,000kmのトランス・カナダ・ハイウェイに加え、延べ約8万キロの道路網を利用した長距離路線バスがカナダのほぼ全市町村を結んでいます。長距離バス会社の最大大手グレイハウンド・カナダは、トロント以西全域の路線バスを運行しています。バンクーバー島など一部の地域では、レイドロウなどと相互乗り入れしていますが、北はノースウエスト準州やユーコン準州までカバーしています。東部では、オンタリオ州とケベック州はボヤジェール・コロニアル社とオルレアン・エクスプレス、アトランティック・カナダはSMT社やアカディアン・ライン社などが、それぞれ相互乗り入れしながら地域の路線バスを走らせています。長期間、広範囲に渡って旅行する人は、グレイハウンドのコーチパス、東部路線と組み合わせたコーチパス・プラスという周遊クーポンを利用するとお得。ほとんどの路線で予約は不要で座席指定もありません。

[列車]
カナダの国鉄VIAが、バンクーバー〜トロント間を4日間かけて走るカナディアン号はじめ、カナダ全土でいくつかのセクターごとに路線を運行、それぞれ地域ごとに車両やサービスに個性を打ち出しています。東部ではハリファックス〜モントリオール間のオーシャン号、オンタリオ〜ケベック間の主要都市を結ぶコリドー・ルートCorridorなどがあります。通常、エコノミーとファーストクラスがあり、寝台車(ファーストクラス)はシングル、ダブルの個室や上下2段のバースなどの種類があります(食事付き)。ガラスドームの展望車は360度の展望。ほかにバンクーバーとロッキーを結ぶ観光列車ロッキーマウンテニア号や、BC州を北に向かうBCレイルなど私鉄・ローカル鉄道もあります。

ページのトップへ
初めての方へ ‖ 留学をお考えの方へ ‖ カウンセリング予約 ‖ お申し込み ‖ 会社情報

お問い合わせ ‖ サイトマップ ‖ リクルート ‖ リンク集 ‖ホームに戻る
Copyright (c) 2004-2011 DEOW all rights reserved